五島を自然世界遺産に

五島列島を世界遺産のしまに、

五島を世界遺産に

(個人水道管切断)

水道工事に対し犯罪発生

近年(10年前以上前には)水道管が無い市道(県道)に水道本管敷設時の個人水道管切断の時効がなくなるか?

市道を人家の水道敷設工事の為切断し(平成28年12月23日に)水道工事市道を人家の水道敷設工事の為切断し(平成28年12月23日に)水道工事した事により、時効がなくなるか?

水道工事に対し犯罪発生か?

五島市のでたらめ水道工事(公共工事

市道拡張工事(でたらめ市道拡張工事)

長崎県五島市大浜、ヤビザカ市道拡張工事の時、道を斜めに横断していた側溝を無くした為、水の流れが変わり、雨が降ると市道から水が溢れたり、市道の下から水が湧くようになり個人の私有地に池のようにたまるようになりました。長崎県五島市に何回も現場を見に来て下さい。頼みましたが長崎県五島市市職員は来ませんでした。。石で積んだ石垣が崩れて初めて、現場に五島市市職員が見に来ました。。五島市の管理する市道はそのままの状態にシテいるために石垣が崩れた下の家の人から苦情を言われています。五島市の市道管理不足から、苦情を言われています。また長崎県五島市大浜水道工事のために、雨が降ると市道から水が溢れたり、市道の下から水が湧く市道を人家の水道敷設工事の為切断し(平成28年12月23日に)水道工事をして簡易舗装しただけにしています。。

追伸

○雨が降ると市道から水が溢れたり、道の下から水が湧く道は以前は市道でなく県道でした。。

○以前は雨が降ると市道(県道)から水が溢れたり、道の下から水が湧く事無く、

きずいたのは長崎県五島市大浜、ヤビザカ市道拡張工事の時、道を斜めに横断していた側溝を無くした時からです。。

 平成28年12月29日

 

====================================

平成28年12月23日に市道を切断人家の水道敷設工事

水道工事に対し犯罪発生か?

市道を人家の水道敷設工事の為切断し

=====================

雨が降ると市道から水が溢れたり、市道の下から水が湧くようになり個人の私有地に池のようにたまるようになりました。その個人の私有地には水道が設置されていました。初めての五島市大浜の水道工事敷設の時は長崎県南松浦郡大浜村の時だ。 今から60年前の時だ。その時はその個人の私有地にには水道が設置されていました。その私有地を(石垣が崩れた下の家宅地から)水道管が通り別の人家に行く水道設も置されていました。

今は有りません。近年(10年前以上)水道管が無い市道(県道)に水道本管敷設の時に(個人水道管切断され)から無くなりました。。

追伸

水道管が無い市道(県道)に近年(10年前以上)水道本管敷設の時から雨が降ると、市道の下から水が湧くのが多くなり、個人の私有地に池のようにたまる回数多くなりました。